日々是鍛錬〜トヨチンの練習日誌〜

日々の練習記録を淡々と綴ります。

2020年01月

前日の夜ランの疲れが残っていたせいか
今朝も結局ジョグしかできず…(´・ω・`)


それでも身体の筋肉痛はだいぶ和らいできたから
たとえジョグでも意味があるんだと思いたい(´・ω・`)


来週からはポイント練も再開したいですしおすし。


+++


夜はジムはジム活はやめて
テレビを見てお茶飲んで
食後のお菓子食べながらマンガ読んで
久しぶりにのんびり過ごした。

ジム活&外ランだと
家でゆっくりする時間は皆無だから
こんな風に夜ゆっくり出来るのは幸せだ~


+++



散々ゴロゴロした後は
「サムい~嫌だ~サムい~嫌だ~」
とボヤキながら夜ランへ。

1月最後の練習だしピリッとしめたい(`・ω・´)って思ってたんだけど
Eペースまで上げたら3kmもしないうちに痛めていた膝から悲鳴が…!

というわけで結局ただのジョグ。
FullSizeRender


まぁいい、まぁいい
来月から本気出す!



+++



1月はロング走をそこそこやった割に
走行距離はさほど伸びず(´・ω・`)
トータル467km。

IMG_9502


さいたま国際ロスのせいか
日々の練習に気合が入らなかったんだよね…

それに1月から仕事関係の変化が色々あって
日々の生活に余裕が持てなかったのも原因かな〜?


2月からはも少し余裕を持って生活出来たらいいなぁ(´・ω・`)

今日は朝ランのため4時起床。

だいぶ暖かくなってきたというのに
結局家を出るまでに30分かかってしまった_:(´ཀ`」 ∠):

そろそろキロ7ジョグを卒業しなきゃと気合いを入れたけど
最初はまさかのキロ7オーバーwww

最後はなんとか帳尻合わせで
キロ6台でおさめた(´・ω・`)つらたん



FullSizeRender




仕事が終わってスーパーに寄って帰ったら
旦那さんがつくおきご飯をチンして夜ご飯を準備してた!(・∀・)

…自分が食べる分だけ…


モヤモヤした気持ちを抱えたまま
自分の分のご飯を用意して
そのあとはソッコーでジム活へ。

◆本日のお品書き◆
・プルダウン27kg×130回
・アブドミナル27kg×150回2セット
・チェストプレス14kg×150回
・レッグカール18kg×150回
・レッグプレス32kg×200回
・アダクター18kg×150回
・アブダクター23kg×200回
・トルソローテーション18kg×100回(左右)

エアロバイクは閉館時間ギリギリまで漕いで20km。
最初は脚が重くてユルユルペースだったけど
最後はダッシュする様に必死に漕いだ。
ナイス帳尻合わせ、自分!



+++



帰宅後は久々の夜ランへ。
夜は身体が動きやすくて朝より簡単にペースが上がった(最後の2kmはEペースまで行けた)

FullSizeRender


そろそろ「疲労抜き」という名のサボり週間を卒業しなきゃなー


じゃなきゃグロスでサブ200とか夢のまた夢よねー(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

レース後のご褒美は何ですか?と訪ねられたら
「気兼ねなく自由気ままにジョグすること!」
って言い切る派の私ですが
今回はレースから3日経っても疲労感やら筋肉痛やらが全然抜けず
頑張りたくてもジョグが精一杯(´;ω;`)
(火曜日は仕事疲れによりレストした)


ただ動いていると幾分楽になるのは間違いないので
今日も今日とてジョグとジム活の欲張りトレーニングDAY。



+++



朝は6時にスタートのハーフ走。
FullSizeRender
ゆっくりだと全然距離が進まないので
精神的に疲れた~。

右膝の痛みはゆっくりであれば大丈夫だけど
さすがに今週はポイント練は回避したほうがよさそうだ。


で走った後は
大急ぎで家事を済ませて出勤。



+++



帰宅後は旦那さんと一緒に
朝作り置きしたご飯を食べてからジム活へ。


ノー残業デーだからか
ジムが混み混みで筋トレマシンが全然使えず。

仕方ないので今日はエアロバイクから始めた。
筋トレ前だというのに足が重くて重くて
序盤は全然ペースが上がらず。

そのくせ汗はダラダラ出るからちょっと怖い。
とりあえず筋トレコーナーの空き状況を見ながら1時間ちょいコギコギして30km。


+++


閉館まで50分を切ったところでようやっと筋トレマシンの空きができた。

というわけで大急ぎで筋トレ開始。
◆本日のお品書き◆
・プルダウン27kg×100回
・アブドミナル27kg×150回2セット
・チェストプレス14kg×150回
・レッグカール18kg×150回
・レッグプレス32kg×200回
・バーティカルロウ14kg×100回
・トルソローテーション18kg×100回(左右)
下半身をもっと追い込みたかったけど時間がなかったので…(´・ω・`)

でも負荷を通常モードに戻せたから良かった♪


レース前の減量効果もあって
体脂肪がようやっと人並み?になってきたから
ぼちぼちサブ20%プロジェクトを再開してもいいかな?


そしたらたまさんがお寿司奢ってくれますしおすし。



+++



館山の後から胃が痛くてご褒美スイーツにまだ手が出せていない…(´;ω;`)

普段はフルマラソン後でもがっつり飲み食い出来る鋼の胃袋なのに
今回は一体どういうことなんでしょう?(´;ω;`)

それでもお腹は空くから
一日中腹の虫が鳴いてる状態…
仕事中とか絶対お客様にバレてるわー恥ずかしいわー

フルマラソン翌日の今日は
腰と右膝の痛みがドイヒー。

ストレッチとマッサージ器で徹底的に解すけど
なんていうか全身がコンクリート並みに固まってる感じ…。

恐るべし館山若潮マラソンw


+++


洗濯を回してゆるーく掃除をするだけでもひと苦労。

そんなわけで家事の合間にアイドリングタイムをたくさん取ったんだけど
その度にちょこちょこ館山若潮マラソンのジョグノレポを綴っていたら
ビックリするくらい長編になってしまってビビったw



+++



身体がそこそこ動くようになってから朝ランへGO。
膝の痛みを逃がしながらだったのでフォームはドイヒーだったけど
意識せずともペースは上がらないので無理しないで済んでよかったよかった(?)
FullSizeRender

疲労抜きジョグのおかげで背中のハリはだいぶ解れたかな〜?



+++



昼間は残った家事を片付けて仕事の勉強をしてたらアッという間に夕方。

仕事から帰宅した旦那さんと夕飯を済ませたら
いつものルーティンでもあるジム活へ。

◆本日のお品書き◆
・プルダウン27kg×100回
・トルソローテーション18kg×100回(左右)
・アブドミナル27kg×150回2セット
・チェストプレス14kg×150回
・レッグプレス25kg×200回
・バーティカルロウ14kg×150回
・バックエクステンション18kg×100回
・アダクター18kg×120回
・アブダクター23kg×150回

下半身は筋肉痛がドイヒーだったので上半身系のマシンメインで。
それでもいつもよりキツくて負荷と回数を控えめにしてこなした。

エアロバイクも脚がつらくてユルユルしか漕げなくて1時間22.3km
汗も出なかったから何とも不完全燃焼。


太ももとお尻のはりがすごかったので
ストレッチマシーンを使って10分ほど身体解し。


治療院難民になったから
セルフケアもしっかりやって行かなきゃなー(´・ω・`)


私にとって5回目となる館山若潮マラソンは
まさかの雨!

IMG_9375

雨だけなら全然平気なんだけど
今回は気温が低くて風もあるっていう厳しいコンディション。


U-KOママ曰く
「去年の東京マラソンを思い出すわ〜」
だって…

:(;゙゚'ω゚'):



+++



スタートブロックは3時間〜3時間30分狙いのBブロックに待機。
IMG_9326

館山ベストを目指すなら3時間25分切りはしたいところだけど…


実は朝起きた時点で腰と膝と足首に痛みがあって
はたしてタイムを狙えるのかどうか…って不安しかなかった。

前日に整体やってもらったんだけどなぁ…
こんなバッドコンディションでレースを迎えたのって初めてかも…


+++


スタート前は埼玉から来てくれた
さといもちゃん&さりちゃんと一緒に楽しく過ごす。

IMG_9327

そこで2人が言っていた
「この厳しいコンディションのなか走り切れたら、私達絶対強くなるね!」
って言葉に胸を打たれたおかげで
「たとえ万全の状態でなくてもしっかり走りきらなければ!」
と私も覚悟を決める事ができた!

(実際さといもちゃんもさりちゃんもあのハードコースを余裕のサブ4でしっかり走りきっていた!すごい!)



+++



アメブロにも書いたけど…
今回はどうしてもゴミ拾いランをしたかったアタクシ。


生活に必要な道路をコースとして開放してもらってるのに
そこをランナーがゴミだらけにして地元の方々が嫌な気持ちになるなんて絶対ヤダ(´・ω・`)


ただ、それを理由にダラダラ走るのは
何というか「逃げ」だと思うから
TB(館山ベスト)の更新も絶対にやるつもりでいた。



+++



スタート時は渋滞に巻き込まれ安定のキロ5オーバー。

まぁ館山はブロック分けが超ざっくりだから仕方ないと言えば仕方ないw
(ある意味お約束ですしおすし)

それに雨で体が冷え切っていたから
これが良いアップジョグになって返って良かった。



+++



2km目以降はさいたま国際の時と同じように
キロ445くらいで周りのランナーさんの流れにうまくのれた。

今回はガーミンと睨めっこせず
とにかく体感を信じて突き進んだ。


この日はサムさ対策のため
自分にしては結構厚着でいってたんだけど(ちーばTの上に薄手のシャカシャカ、その上に袖なしのビニールポンチョ)
5km走ったところで蒸し暑さを感じポンチョをサッと脱ぐ。



がしかし!
買ったばかりの新品ポンチョ…
捨てるのがどうしてももったいなくて
結局最後まで手に持って走る事になった。


ちなみにほなみに
この日はドレッシングボトルも持ってたもんで両手が完全に塞がってしまい走りづらさMAX!。゚(゚´ω`゚)゚。

ただ幸いな事に15km付近のエイドでドレッシングボトルはポイチョできたし
ゴミも18km付近まで落ちてなかったから命拾いした←大袈裟


+++


ハーフ手前のアロハガーデン館山に来たところで
無念のDNFを選択したさえさんに遭遇。

さえ「やっぱり足痛くてムリ〜w」

冷たい雨のなか足の痛みを抱えながらここまで走りきったさえさん。
DNSする事だって出来たはずなのに
それでも勇気を持ってスタートラインを超えてくれた優しさにキュンとした。

さえ「あのポイントでDNFする人結構いたから、そんなに悲壮感はなかったよw」

笑ってそんな事を言ってくれたさえさんは、とても強い人だと思った。
(来年の館山でリベンジしてね)



+++



ハーフまでは緩いアップダウンに疲労を感じながらもペースはキロ445〜455をキープ。

おし!なんとかさいたま国際のペースでいけてるな(`・ω・´)

がしかし!
ココから先がキツかった!
なぜなら本格的なゴミ拾いランが始まったからだ。


序盤は全然落ちてなかったゴミだったけど
(そもそも館山若潮マラソンってポイ捨てはそんなにない大会だと思っている)


ハーフ手前くらいになってから
ジェルのゴミがチラホラと…


最初に拾ったのは18km付近だったかな?

アミノバイタルの小さいジェルだったから
拾った後はそのまま手に持って走る。
(そもそも人の食い散らかしを私の綺麗なポケットに入れたくない)
(こう見えても私、日に10回は手を洗い暇さえあればアルコールティッシュで手を拭くプチ潔癖症)

19km付近で1個、20km付近で2個。

そっか…
サブ3.5ゾーンだとこの辺からジェルを補給するタイミングだもんな…
今まで落ちてなかったのはジェルを補給しなかっただけか…
ブルーシートだらけの館山の街中を見てもポイ捨て事する人がいるんだな…

そんな悲しい気持ちで走っていると
「えらいですね!ゴミ拾いしながら走るなんて」
と笑顔で声をかけてくれる男性ランナーさんが!

周りのランナーさんはずーっと無反応だったから
まさかそんな事を言ってくれる人がいるなんて!と、ビックリした瞬間…


うぉっ!ファニーさんじゃん!!!
と気づくw


ファニーさん「さっきさえさんとお話ししてましたけどお友達なんですか?」
トヨ「あっはい、ちーむちーばの仲間で(ドギマギ)」
トヨ「っていうかファニーさんですよね?」
トヨ「私トヨチンと言いましてその昔、夢の島の12Hリレマラでファニーさん応援して頂いた事があります!」
ファニー「わーそうでしたかー^ ^」

(●´ω`●)


+++


ハーフ過ぎからは本格的にアップダウンが始まる。

ココからはイーブンペースで進むのは難しいから
上りで落ちても焦らないように気をつけた。
(上りの後は絶対下り坂があるからね)


今回の館山はエイドの間隔がとても長く感じた。(きっちり6km間隔)

悪天候のせいか例年より私設エイドの数も全然少なかったので
公式エイドをスルーするのはかなりの死活問題←大袈裟

それに加え
拾ったゴミをずっと手に持ち続けるのが何気にストレスだったので
走ってる間はずっとエイドの事ばかり考えていた。


+++


ファニーさん曰く「ココのエイドはテーブルが短いから取るのがちょっと難しいですね」


あぁ…
言われてみればドリンクのテーブルは短めかもなぁ。


去年までは止まって給水してたから気にして無かったけど
今年みたいに走りながら給水取ってると失敗しやすいかも。


やっぱり今年のエイドは規模が縮小されてるんだろうな…って思ったけど
それでもスタッフの皆さんはドリンクを必死に手渡ししてくれるし
温かい麦茶(まさかの砂糖入り)も熱すぎずぬる過ぎず絶妙な湯加減だったし
補給食のジェルや羊羹はすぐに食べられるよう封を開けてくれてたし
手を替え品を替えのおもてなしのおかげで
ストレスなんて微塵も感じなかった。

っていうか、スタッフさんの事がとっても愛おしかった。



+++



25km以降
山間部のコースに入ってからは腰と膝が痛くなった。

ゴミ拾いのたびにキュッと止まってしゃがむのが地味に効いてるんだろうな…(´・ω・`)

それでもゴミはやっぱりチラホラ落ちてるからゴミ拾いランを止めるつもりはさらさら無かった。


+++


ファニーさんとは抜きつ抜かれつを繰り返し
会うたびにちょこちょこお話ししたり♡

サブ3ランナーのファニーさんでも
この館山のコースはまぁまぁシンドイようで
上り坂の所ではペースが落ち気味になっていた。

ファニーさん「身体が重いと上り坂はツライですよー(泣)」


千葉県民としてはココで館山の事を嫌いになって欲しくなくて
手当たり次第にコースの楽なポイントをアッピールしておいた。


私があまりに詳しく説明してたもんだから
別のランナーさんが「地元の方ですか?」って聞いてきたくらい。


+++


山間部は確かにツライけど
海岸沿いで強めに吹いてた風がなくなった事で楽に感じる部分はあった。

とはいえペースを緩めるとすぐに身体が冷えるので、ひたすら脚を動かし続けた。


【悲報】急坂前でいつも応援してくれてた鎧兜のおばあちゃん、いない(泣)



+++



急坂を無事に上り終え
後は長い長い下り坂を一気に駆け下りる。

エイドではアミノバイタルゼリー(キャップがついたデカイやつ)が大盤振る舞いされてて、ちょっとビックリ!


よく知らないけど…
それお高いんでしょう?


ぶっちゃけ、ランナー的にはパンよりジェルの方がありがたいかもねー。
まぁ私はパンが良いけどねー。


【朗報】舟盛りエイド営業してた♡


+++


海岸沿いのコースに戻るとまた風が吹き付ける。

濡れた身体が一気に冷えて
ポンチョを着ようか悩んだけど
手に持ってるゴミが邪魔で仕方なくそのまま走る。


うーん…(´-ω-`)
ゴミ拾いするならゴミを入れる袋を持参すべきだったなぁ?
拾ったゴミをエイドのごみ箱に捨てるのはよく無かったかなぁ?


この辺では集団がなくなり
多くのランナーさんが単独走になってた。
たぶんみんな集団に追いつこうというパワーも残って無かったのかもしれない…


でもそんな私達に沿道の応援はとっても温かかった!

往路で応援してくれてた方もずっといてくれてて
小さい子供も傘さしながら笑顔でハイタッチとかしてくれるの!

レースだと「女子の順位読み上げおじいちゃん」ってよくいるんだけど
今回は「女子の順位読み上げおばあちゃん」がいて思わず笑ってしまったw
(あなた今女子16位よー!って言われ、たぶん当てずっぽで言ってると思ってたんだけどゴール後完走証をチェックしたら15位で「ほんとに数えてるんだw」ってあらためて笑ってしまった)


身体は冷え冷えだけど
気持ちはドンドン温まっていく不思議♡


+++


36km地点のエイドを過ぎた後は
アミノバイタルゼリー(エイドでの提供品)のポイ捨てがドイヒーだった。


あれって結構デカイから
5個も拾うともう手がいっぱいになってしまってキツイんだよね…

FullSizeRender

あまりに多かったもんで
失礼を承知で私設エイドをやってる方のごみ箱に捨てさせて貰った。
ごめんなさい本当にごめんなさい。


36km以降って私自身もヘトヘトだったから
ゴミを拾う度にもう本当にキツくてキツくて
しゃがむたびに
「うあぁぁぁ!」
って呻き声を出さずにいられなかった。

ゴミを捨てる奴ら
もう館山来ないでくれよ、本当に!!


+++



38kmでおまじないのトップスピード投入。

たびたびランデブーランしてたファニーさんの姿は遥か遠くに行ってしまった…(´;ω;`)

ココからは1秒でもタイムを縮めるため
一気にギアを上げる。


さっきまでチラホラあったゴミが40kmを過ぎると全然無くなってて(スタッフさんのおかげかな?)
そのおかげで最後まで一瞬もペースを緩める事なく走る事が出来た!


+++


ゴールの運動場へ向かう最後の直線は
沿道の応援がとても凄い!


「サブ3.5確実だぞー!」
そんな声援に片手を上げて何とか応える。


もう呼吸するのが精一杯で
声なんか全然出せなかったんだけど
その代わり心の中で全力で感謝を伝えた。

「走らせてくれてありがとう!」
「館山の事が大好きです!」


IMG_9314


最後の最後
全力でゴールゲートのある運動場へ飛び込むと
地面が田んぼみたいにぬかるんでて一瞬転びそうにw

それでもなんとか堪えてダッシュして
フィニッシュラインを飛び越えた。

【結果】
IMG_9372
グロス:3時間27分なにがし
ネット:3時間26分なにがし

1分弱だけど
なんとか館山ベスト更新です( ;∀;)



本音を言えば25分カットしたかったけど

今の私には十分過ぎるタイムだったと思う。
何よりこのタイムは数字以上に価値があると思えたから悔いは無いね、本当に!


+++


ゴール後はファニーさんが待ってて下さって(!)
ずぶ濡れのまま互いに検討を称えあった。
この日の館山でファニーさんを1番独占出来たのは私に間違いない(`・ω・´)キリッ


完走証はWEB発行のみ。
本当に人手が足りないんだなぁと胸がギュッとなったけど
そんな厳しい状況のなか大会を開催して下さった事にあらためて感謝した。


クリームパンはココでようやっとゲットε-(´∀`*)


温かい麦茶で身体をあたためながらスタッフさんに全力でお礼を言った。
「また来るからね!ありがとう!!」


+++


今回は節目となる第40回大会って事で
運営の方々も色々計画されてたと思うから
悔しい思いもあるかもしれないけれど…

でも今日参加したランナーにとっては絶対に忘れられない1日になったのは間違いないと思う。


レースはめちゃくちゃキツかったけど
だからこそ沿道の応援やスタッフさんのサポートがより身に沁みたの。


いつまで走り続けてられるか分からないけど…
マラソンを卒業するその日まで
館山若潮マラソンだけは絶対に出続けようと決めた日になった。


ありがとう館山!
がんばっぺ館山!!


5003



さすがに夜はジム活する気は起きなかった…





このページのトップヘ